コーヒーカップのシミ取り

コーヒーカップはデザイン性の高いものが多いので、奮発してお気に入りを使い続けている人も多いです。



しかし愛用すればするほどコーヒーカップの底にシミが付いてしまいます。洗剤とスポンジで毎回洗っていても、少しずつ蓄積されて不衛生に見られるほどのシミができることも多いです。

元々内側や底は白色がほとんどなので、小さなシミも目立ってしまいます。


金属製だと漂白剤で対処することができません。また直接口にする食器に刺激の強い化学成分を使いたくない人も多いです。
お気に入りのコーヒーカップをきれいにする方法は、重曹と熱湯でお手入れすることです。



シミが目立つようになったら、底が隠れる程度に重曹を入れます。
そして熱湯をかけて5分待ち、後はスポンジで軽くこすれば元の綺麗な白に戻っています。

日経メディカルのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

重曹が汚れを落とす効果があるのは有名ですが、これに熱湯を加えるのがコツです。

化学反応は温度が高い環境で発生すると、多くのエネルギーが発生します。

10℃上がるごとに反応速度は2倍も速くなるため、たった5分放置しただけでも長年のシミを除去することができます。

ステンレス以外の金属製カップは、重曹との化学反応によっても変色しやすいので、放置時間が短い方がコーヒーカップの品質を維持することができます。元々熱い飲み物に耐えられる素材でできているので、沸騰してたの熱湯を使うのが良いです。


頻繁に行うのではなく、シミの色が濃くなってからがちょうど良い頻度です。